3人の父バタバタblog

目指せ!!運動神経NO.1  ~3人の子育て日常~

最後の七五三👘数え年って?

長女が最後の七五三だった。

本当は11月15日らしいが北海道は寒いから我が家では10月に七五三をやっている😃

7歳って早い‼︎

いや、子供の成長って本当に早い‼︎

2歳くらいまでは何か新しく出来るようになるペースも遅く成長の早さは感じてなかったけどオムツが取れたくらいかな?そこから自分で出来る事も急激に増え、身長も伸び成長のスピードを感じてる💦

f:id:yu-3haru:20191020190621p:image

小さな子供が犠牲になるニュースなどを見る中で元気いっぱい明るく成長していく所を見れて本当に幸せだ⤴︎

天候も雨予報でどうなるかな?と思っていたけど雨も降らなかったし気温も上がり暖かかった☀️

 

そういえば過去に七五三で迷った事がある。

数え年でやるか満年齢でやるかだ。

子供が2歳の時に七五三はどうするの?と実家で聞かれて焦ってGoogleで調べた記憶がある。

今は満年齢でやる人が多くその時に我が家も満年齢でお参りに行く事にした🙏

自分が小さい頃は数え年で神社に行って七五三をやっていたと母から教えてもらった。

 

数え年の計算

その年の1月1日〜誕生日前日24時までが満年齢にプラス2歳

その年の誕生日を迎えた日〜12月31日までは満年齢にプラス1歳

 

その時は何も思わなかったけど今年は思った事がある。

何で0歳って出来た?

産まれた時に1歳のままで良かったのでは?

小学校も1年生からスタートで0年生は無い。

0は何も無いって事だ…

 

急に気になり出したから調べてみる事に💡

1950年(昭和25年)に公的機関はすべて「満年齢」とする法律を制定してスタートしたみたいだ。

数え年では、生まれた年を1歳とし、新年の元日から1歳ずつ加える方法をとっていて正月になると皆が一斉に歳をとる。

除夜のことを年取りと言うのは、そのためだった。極端な例では大晦日に生まれた赤ちゃんは翌日には2歳になる😱こわっ

しかし、数え年の習慣は完全に無くなったわけではない。

人が亡くなった時には享年(きょうねん)あるいは行年(ぎょうねん)という形で残っている。享年とは「(天から享(う)けた年の意)死んだ者がこの世に生きていた年数」「死んだときの年齢」とされている。行年のほうは、「享年に同じ」とされるが、近年では享年も行年も満年齢で墓石に彫られるケースが増えている。

伝統的に数え年でやっていたから死亡時の満年齢よりも1歳、場合によっては2歳多いことがある。

昔はお腹の中に居た頃を0歳と思っていたらしい…

良い考えだな?と単純に思った😜

世に出て1歳。正月に歳を取るのじゃなくて誕生日に1歳ずつ歳を取る方法にすれば良かったじゃん⁈

でも女性は1歳でも若い方が良いって人が多いから満年齢で賛成の人数が多そうだな…

まぁ今後も法律的には満年齢で進むだろうし数え年に戻る事は無いと思うけど今回は調べて勉強になった👍

子供達が大きくなり疑問になって聞かれた時にしっかり答えてあげる事が出来る✌️

f:id:yu-3haru:20191020190745p:image

長女だけでなく記念に長男、次男もパシャ📸

 

昨日の練習

マラソン 2km

坂道ダッシュ  2本

 

今日の練習

マラソン  2km

かけっこ  50m×3本

スキップ

後ろスキップ

サイドスキップ

ダッシュ  100m